ベンガルの歴史
ベンガルのパターン猫科の野生動物

 

Bengal History

 

 ベンガル猫というと、その名称からあのベンガルトラを想像してしまうかもしれませんが、野生のトラとは全く関係のない、とても家庭的な性格の猫です。
 ただ、他の猫種とは異なり、その歴史はまだ浅く、また先祖に野生のアジアン・レパード(ヤマネコ)の血統が意図的に用いられています。

 1950年代の終わり、アメリカのジーン・サグデン女史が雌のアジアンレパードを入手し、1963年にこのアジアンレパードと黒の短毛の雄の家庭 猫を交配させ、スポットを持つ混血種(ハイブリッド)を産み出しました。でも、始めの交配では、家猫とレオパードとの染色体の不一致が原因で、雄の混血種は生殖能力がありませんでした。

 しかし、その後多数の研究者の努力と協力により、ジーン・サグデン・ミル女史は、1983年にTICA(国際キャット連盟)にベンガル猫を登録申請しました。
 そして、1985年にTICAのキャットショーの「ニューブリード・カラークラス」に出陳しました。このショーにおけるデビューは、鮮烈な印象を 審査員と観衆に与え、今日のベンガル猫の人気を決定づけたのです。
 また、1990年にはTICAのキャットショーでグランドチャンピオンの栄誉を与えられています。

 


 
2006年に初めてお会いした時のジーン・ミル女史

 

 ジーン・ミル女史はブリーダーとしては引退されましたが、カリフォルニアにてご健在で暮らしておられます。
 私もカリフォルニアに行くたびにお会いしていますが、とても親切に仲良くしてくださって光栄に思っております。

 


 
ジーン・ミル女史
2007年にご一緒したアーバインキャットショー掲載新聞

 


 
2008年3月、ジーン・ミル女史引退記念キャットショーにて、
RW SGC Baroqueheat とジーン・ミル女史



2016年8月 TICA Annual Banquetにて

 


Copyright(C) 2006-2017 AngelRoseBengals All Right Reserved
Facebook