ベンガルの歴史
ベンガルのパターン猫科の野生動物

 

Bengal Pattern

 
ベンガルのRosetteパターンの一部をご紹介します

   ロゼットとは、簡単に言うと2色の異なるカラーを持ったスポットのことです。
   スポットを持つ猫には、オシキャットやエジプシャンマウがいますが、
   ロゼットを持つ猫はベンガル猫だけです。

 

 

▽ドーナツロゼット DoughnutRosette

   ロゼットの最高峰とも言われる美しい模様です。
   多くのベンガルブリーダーは、
   より美しいDoughnutRosetteを作り出すことに情熱をかけています。

 

▽パンケーキロゼット PancakeRosette

   簡単に言ってしまうと、ドーナツロゼットの完成形です。
   パンケーキのようにふっくらと丸く、大きさも充分にあるロゼットです。
   グランドカラー、ブラックマーキング、センターカラーと、
   はっきり三色に別れていることが基準になります。

 

 

▽クラウドパターン CloudPattern

   脇腹のロゼットがふたつ連なったときに出来るとても大きなパターンです。
   ウンピョウの柄に似ているため、CloudPatternと呼ばれます。
   中でもハート型になることは非常に珍しいとされます。

 

 

▽アローヘッドロゼット ArrowHeadRosette

   現在最も多いと言われるRosetteのパターンです。
   鏃(やじり)のような形をしていますが、Doughnutのように円形を形成しません。

 

▽パウプリントロゼット PawPrintRosette

   猫の足跡のような形をしたRosetteです。
   DoughnutやArrowを形成せず、濃色部分が分散したRosetteです。
   希にバラの花びらのような形を作ることから、RoseRosetteとも言われます。

 

▽ジャガーパターンロゼット JaguarPatternRosette

   ドーナツロゼットの中に小さな点が認められる、大変希少なロゼットです。
   日本ではまだ出現数がごく少なく、とても珍しいですが、
   世界では、進化形ベンガルの代名詞となるロゼットと言われています。

 

※こちらで紹介しているロゼットを持つのは、すべて当舎のベンガルです。
 複写・転載は一切お断りします。

 


 
Copyright(C) 2006-2017 AngelRoseBengals All Right Reserved
Facebook